Reborn-Garden

RebornGardenは、フィギュアスケーター安藤美姫と仲間・サポーターによる東日本被災地そして困難の中におられる方々への支援活動です。共に成長できたらと願っています。

   

国際地域女性アカデミーオープンフォーラム 石本めぐみさん 安藤美姫対談

 

3月10日~12日。国連防災会議(於:宮城県仙台市)に先駆け、世界中で草の根地域活動をリード
する女性たちが宮城県南三陸町で一同に会し、東北被災3県(岩手・宮城・福島)の次世代を担う
女性たちと交流し、研修が行われました。
そしてその成果発表が、最終日12日の「オープンフォーラム」で、主に南三陸町のお客様をお招きし行われました。その中で、国際地域女性アカデミーin Tohoku の実行委員長(特定非営利活動法人ウィメンズアイ代表理事)の石本めぐみさんと安藤の対談が行われました。石本さんと安藤の対談は、本Reborn Gardenに続き2度目です。


「この国際地域女性アカデミーで皆で話し合ってきたこと。
全ての根底にあったのが、コミュニケーションなんです。」石本


石本めぐみさん

石本:安藤美姫さんと初めて会ったのは1年半くらい前です。対談の企画で、その時は安藤さん
   から私たちの活動を紹介して頂くということで。
   美姫さんの印象って、自分の考えていることをはっきり伝えられる人だなぁって思いまし
   た。思っていることを伝えるって、言いたい事だけを言うのではなくて相手に伝わるよう     
   に言うことがむずかしいと思うんです。
   この国際地域女性アカデミーで皆で話し合ってきたこと。
   全ての根底にあったのが、コミュニケーションなんです。自分の思っていることを伝える
   こと。口に出来る事。それが大切なんですけど美姫さんはそれが出来る人だなぁって思っ 
   て。今回、ここ南三陸町にぜひ来て頂けませんかとお声かけした次第です。
   美姫さんには、今日行われた研修の場にも来て頂いて、そんなに長くはいられなかった
   んですが、みんなの話している様子はどうでしたか?


「アカデミー(研修)では、良いエネルギーを感じていました。」安藤 

安藤:地域によって出てくる課題は、はっきり違うんだなと思いました。私も岩手・宮城・福島
   3県に足を運んで、目で見て課題が違うんだなというのは一目瞭然だったのであまり衝撃
   ではなかったんですけど、ここまで違うんだなと再認識できました。そして私自身もこう 
   いうふうに話す場、みなさんと話をさせて頂き、いろいろな人が集まって、いろんな意見
   が出ることによってもっと大きな力になりますし、もっと大きな視野が広がり、私もアメ
   リカなどに行っていろんな国の人たちと接することによって視野が広がったのと同じよう
   に、この方たちは自分たちの地域の為だったり、子どもたちの未来だったり、復興への心
   いきだったり、真剣に取り組まれているんだなと思いました。
    そして、今回は世界7か国からいらしていて、そんな素敵な機会をこちらで開催される
   めぐみさんは本当にすごいんだなと。
    ただただ、良いエネルギーを感じていました。

  
「美姫さんはなんで臆せずはっきり言えるんですか?」石本

「アメリカに行った当初、あなたは何を考えているかわからないから・・・怖いっていわれたんです。」安藤

石本:今日はなんか褒められすぎて恐縮なんですけど(笑)。今回の企画が上がったときに最初
   に南三陸町役場に相談に行って、”ほんとうに町として協力します!”と町長はじめみなさ  
   んに言って頂き、町で私たちとご縁がある活動している女性たちもみなさん協力的で、お
   もてなしの料理を作って持ってきてくれて、どこに行っても全面的に私達をサポートして
   くれたので、南三陸町でこんなに素晴らしい研修会ができました。
    そこで、安藤美姫さんに質問なんですけど、私の印象では、ちゃんと伝えたいと思って 
   いても口に出来ないとか、人前ではしゃべればないなと。皆が一堂に会している場では
   なかなか自分の意見が言えないっていうのがあると思うんですけど。美姫さんはなんで
   臆せずそういうふうにはっきり言えるんですか?


安藤:私自身は日本で生まれて日本育ちですし、19歳まで英語も出来なかったんですけど、日
   本の歴史だったり文化だったり・・・まずは、女性が声を上げれない。そういう文化がま
   だまだ根強くあると今でも感じるんですけども。人間ってやはり、感情があってパーソナ
   リティがあってキャラクターがあって、ひとつひとつ見るものに対して違った意見がある
   のは当たり前なのに、日本はまだ右に倣えっていう部分があるなって、10代の時に感じ
   て、いろんな取材を受けている時に、やはり自分の感情や思いを押し殺してあたりさわり
   のないように皆さんにお話をさせて頂いた時があって。でもそれって自分じゃないなと思
   った時にアメリカにトレーニングの拠点を移して、コーチはロシア人で、日本語なしの生
   活が始まって、最初はホテルに引き籠ってしまったり、同じメニューをいっぱい食べて・
   ・・。その中で伝えようと思える時があるんですよね。必要な時って。コーチに”あなた
   トップスケーターなんだから通訳なしでインタビューを受けなさいと言われたのが、他の
   言語を頑張ろうと思ったきっかけで、それから少しずつ(同じ指導をうけている)メンバ
   ーとも話すようになりました。想いを伝えるって大切な事だなとアメリカに行って再認識
   しました。パーソナリティ?アイデンティティ?がないことによって私自身すごくショッ
   クを受けたのが、あなたは表情もないし、自分の考えもないし、何を考えているか、何を
   感じているかわからないから、怖いって言われたんです。自分の意見がないのねって。自
   分は日本ではある方だったので、すごくそれがショックでした。それと同時にもやもやし
   たものがなくなった感じがして。自分の気持ちを人に伝えて良いんだとすごく思えるよう
   になったんです。
   頑張って英語をしゃべると日本人って”R”か”L”を使う時に、大体”R”を使っちゃう。スタ
   -バックスで、マーベルローフというパウンドケーキがあるんですけど、その注文をする
   ときにすごい頑張って、マーベルローフって”R”で言ってて、それを”You like a dog"”犬”
   みたいだねって言われて。アメリカではワフワフなんですよ。ワンワンじゃなくて(笑)
   そんな感じで打ち解けて恥ずかしさもなくなるので、もっとコミュニケーションがとれ
   る。頑張って伝えることによって、人って受け取ってくれるから恥ずかしくないんだと
   思えて、今の自分がある感じです。


「お互い意見を言い合う事によって大きな力になる。」安藤


石本:なるほど。思っている事がひとつ殻を破ってできるようになったのかな?

安藤:そうですね。やっぱり言った方が伝わる。絶対に。そんなふうにすごく思いました。

石本:自分が言うだけでなく相互にちゃんとコミュニケーションできると楽しいですよね。

安藤:はい、自分と違う意見が出ることによって、新たな発見にもつながるし、違う意見があれ
   ばあるほど、すごく大きな力になるって私は思います。違う意見を言ったからって意見を 
   されたとか否定されてると思うのではなくて、プラスに考えればすごくイージーなのに難 
   しいとな思う場面も日本ではすごくあるんですけど、でも今回のこのアカデミーの背景だ
   ったり、皆さんがお話しされてる風景を拝見して、女性の目がすごく力強くて輝いている
   なと。女性が強くて輝いている国って、国がすごく輝いてあったかいイメージがするんで
   すよね。女性が働きやすいとか、女性のリーダーがいるって男性にはない面があり、それ
   も素敵だと思います。今回、私もこの場に参加させて頂いてもっともっと伝えて行きたい
   なって思いました。
  

「誰かが意見を言った時に、賛同の意見を被せて相手を認めて行く事も大切」石本

石本:今日、地元の中学生も来てくれているので、お伝えしたいのは、アカデミーで、すごく
   良かったのは、誰かが勇気を振り絞って意見を言って、それに対して、それは違うよって
   批判するとか違う意見をいうだけではなくて、”それ、すごい良い意見ですねっていうこと
   をまた、伝える。私たち、何かを言って、それに対して賛同の意見を被せていくってあん
   まりなかったりするんですけど、そうして相手を認めて行くっていうこと、表現していく
   こともすごく大切だと思います。

安藤:はい、あと参加させて頂いて思ったのは、たとえばこういうアカデミーってGOALって
   一緒じゃないですか?達成したい想いとか。それって共通だと思うんです。学校とかでも
   友達どうしでも。GOALは共通認識でも違う視点から物事を見ると思うんですけど、同
   じ、GOALだったり、同じ目標を持てた仲間に感謝して出会いに感謝をしたら、マイナ
   スの意見とはとらえられないようになるんじゃないかなって思います。

石本:そうやって、いろんな意見があっていい。そういうのが良いですよね。

安藤:そういうのが私は好きです。

 

「女性たちが我慢しないで、考えていることを普段から言いやすい社会ができたら。」石本

石本:そうですね。このアカデミーもそうですけど、震災の時に私たちは、避難所のサポート
   からさせてもらったんですけど、私たちの団体は当時災害ボランティアで来たメンバー
   で構成されているんですけど、避難所でいろんな事を見てきて、一番問題だなって感じた
   のは、いろんな問題があるから女性たちだけではないんですけど、たまたま私たちは女性
   と関わることが多かったので、女性たちがすごく我慢して、一言、言えればそれで済むこ
   となんだけれども自分が必要な物とか、自分が考えていることを我慢して言えない。周り
   を気にして言えない。でも、その一言を伝えたら、周りも次のまた何かが出来たり、いっ 
   しょに、話し合えたりするかもしれないんですけど、どこでもそういう我慢したりしてい
   る方が多くてそれがもう少し普段から出来るような社会っていうか、そういう雰囲気が作
   れるようになったらいいなって思いました。

「ここで出会えたのは奇跡。今後の人生に於いてすごく大切で役立つこと。世界中と繋がれるって素敵なこと。」安藤

安藤:日本の女性って、シャイだったりとか控えめだったりとかの方がたぶん多いんだと思うん
   です。私、結構人見知りなので、最初バリア貼ってしまうんですよ。だけど、海外にいっ
   たことによって、いろんな人と出会えて学べた事があります。今回の事で例えると、この
   時点でもうすでにこれだけの人に出会えるんですよ。このアカデミーの企画があることに 
   よって。それって本当に奇跡っていうか・・・この地球に何人の人がいて、今、この場を
   共有出来るって本当に素敵だと思うんです。今回、東北3県の方々と世界が繋がったって
   本当に素敵な事だと思います。そういう人との出会いというのを自分も考え直せられた時
   があって、奇跡だと思いますし自分の今後の人生に於いて、すごく大切な事ですごく役立
   つことだと思います。その事を心の片隅に於いて考えて頂けたら大きな力が動くと思って
   います。
   それは今回、ここに足を運んで下さった皆さんには伝えられたら良いなと。人の環って、
   自分から行く事によって生まれるし、周りの人が作ってくれたからこそ、こういう場が生 
   まれる。色々な出会いがあって世界中が繋がれるのは素敵だなって思います。

石本:そうですね。南三陸町でこの東北に女性たちと世界の女性たちが繋がって横のつながりを
   これからどうやって発展しようかっていうことをみんなでワクワクしながら考えているの
   でとっても楽しみですね。安藤美姫さんどうもありがとうございました。

安藤:ありがとうございました。

 

(了)

*本サイトの写真転載を固くお断りします。
     
   

  
   
 


拍手[9回]

第5回安藤美姫・曽根美樹さん対談:石巻の子どもたち その3


『 安藤美姫より子どもたちへ 』

 

安藤から、子どもたちへ「自分の長所と短所を教えて下さい。」と質問をした時に、千里さんが「自分の長所はありません。」と答えました。安藤が妹の葵さんに「お姉ちゃんの良いところは?」と聞いたところ、「いつもお菓子をわけてくれる」と答えがありました。安藤より「妹想いだね。家族を想えるということは、人も思いやれるということだからね。」

 
☆渋川葵さんとお姉さんの千里さん

そして、子どもたちへこんなお話をしました。

『 感じたこと思ったことはちゃんと伝えよう。』

『 自分の長所、短所が言えるのは良いことだよ。
それから、自分の思っていることをなかなか言えない人が多いと聞くけれど、自分の思っている事、感じたことはちゃんと伝えた方がいい。
いろんな違いがあるから人間なんだよね。だから違いがあるのは当たり前の事。
美樹さんとも喧嘩したこともあるけれど、今でも友達でいられるのはお互いに言いたいことを言い合って来たから。』

 
★安藤と曽根美樹さん



☆佐藤美里さん

『 震災は、これからの人生に強くいられる経験 』


 『 それから、私は、9歳の時にパパを交通事故で亡くしました。その時、スケート教室に行くのを一時やめてしまったけど、先生とか友達が何回もお家にきて誘ってくれたの。
事故がなかったらスケートを続けていなかったかもしれない。
みんなも4年前に震災で辛い思いをしてきたとおもうけど、きっと強くいられる(これからの人生に)経験をしたのだと思う。
とても意味のあることだから大事にしてほしい。
そういう経験をしたからこそ、人をちゃんと思い遣れる気持ちがあると思う。

私は、パパを亡くしてラッキーなこともありました。
普通、学校に行っている時とかみんなのお母さんとかはみんながどんな表情しているとか知らないでしょ。
でも私は、パパがいつも空にいてくれて、空は世界中どこでも繋がっていて、いつも見てくれていると思っているから。
4回転を初めて跳べた時もパパが空にいて引っ張ってくれたから。そう思っています。』

 
☆西 羽矢斗くん

~最後に

『石巻の笑顔は特別です。海も輝いている。海は辛い思い出もあると思うけど、人が生きているのと同じように自然も生きています。私は石巻の魅力をもっともっと伝えていきます。』

と子どもたちに約束しました。

 
(了)

後記

初めての子どもたちとの対談で、どちらかと言えば、緊張していたのは、安藤・曽根さんだったように思います(笑)でも、だんだんと雑談をしながら笑顔もあふれ空気も温まりました。
子どもたちは、石巻の名物やおすすめどころをはりきって教えてくれました。
大きな災害があった場所ですが、ふるさとの自慢を出来るのはとても素敵な事だと思います。
終始、集中して対談に臨んでくれた子どもたち、ありがとうございました。
対談のコーディネイトをしてくださったNPO JENさんにもお礼を申し上げます。


*本サイトの写真転載を固くお断りします。

拍手[18回]

第5回安藤美姫・曽根美樹さん対談:石巻のこどもたち その2


その2は、こどもたちから石巻のオススメどころ紹介と安藤・曽根さんから石巻の魅力をお伝えします。


一生懸命オススメどころを考えるこどもたち

  
いろんな質問もでました。美姫・美樹もたじたじです。(笑)

こどもたちから石巻のオススメどころ

『うまっこ山・まん画館・かざみどり・日和山』


 
☆西 羽矢斗(にし はやと)くん(小学校2年生)
”僕の石巻のオススメは、【 うまっこ山 】です。てっぺんからハングライダーもできます。おかあさんの実家のすぐ近くです”



☆佐藤 美里(さとう みさと)さん(小学校5年生)

”私の石巻のオススメは、【 まん画館 】です。
石森章太郎の歴史やたくさんの事がわかるからです”



☆渋川 千里(しぶかわ ちさと)さん(小学校6年生)

”日和山の近くにある【  かざみどり  】というカフェです。
おいしいごはんも食べられるしぜひ行ってください。”

 

☆渋川 葵(しぶかわ あおい)さん(小学校2年生)

”【 ひよりやま 】です。神社があってお守りも売っていて楽しいです。
近くに【 かざみどり 】があってシュークリームやピザがおいしいからおすすめです。”

 
安藤・曽根さんから石巻の魅力

『石巻の人の心・笑顔・空気・空・海』

  

★曽根 美樹(そね みき)さん
"
石巻に来たのは初めてです。前から田代島(猫島とも呼ばれています。曽根さんは大変な猫ちゃん好きだそうです。)とかに興味はあったのですが、空と空気が澄んでいて、今回のスケート教室で出会ったこどもたちのこころがきれいでここで育ったんだなあという印象を受けました。"

 

★安藤 美姫(あんどう みき)

輝く笑顔と輝く空と海です。石巻のこどもたちはもちろん、JENのみなさん、お父さんやお母さんの笑顔が本当にすごく輝いているのでこの笑顔は毎回特別だなと思います。”


こどもたちは、なぜオススメするのかを進んで説明してくれました。
牡蠣・うに・いろんな笹かまぼこなど名物のオススメもしてくれました。

安藤は、うまっこ山からハングライダーをしてみたい、そしていろんな笹かまぼこや絶対にかざみどりのシュークリームを食べたいようでした。
曽根さんも田代島に行く希望を叶えられるといいですね。

石巻は魅力的な場所・美味しい食べ物・素敵なお店、そしてきれいな空気・空・海、人々の輝く笑顔がある街です。
ぜひ一度訪ねてみて下さい。


第3回は、”安藤美姫よりこどもたちへ”を 掲載します。


*本サイトの写真転載を固くお断りします。


















 

拍手[10回]

第5回安藤美姫・曽根美樹さん対談:石巻のこどもたち その1

2月の宮城県石巻市でのスケート教室後、安藤美姫・曽根美樹さんと石巻の4名のこどもで対談を行いました。安藤の石巻訪問は3回目、曽根さんは今回が初めてです。
最初はちょっと緊張気味でしたがとても楽しい対談となりました。

その1は、スケート教室の感想

その2は、石巻のオススメどころ

その3は、安藤美姫からこどもたちへ

で掲載します。

対談に参加くださったのは

 
☆西 羽矢斗(にし はやと)くん (小学校2年生)
将来フィギュアスケーターになりたい彼。TVにでるのも初めてではなく、終始
リラックスして対談を盛り上げてくれました。(安藤も彼のつっこみにたじたじでした。笑)


☆渋川 葵(しぶかわ あおい)さん (小学校2年生)
絵が得意で1日100枚も書いてしまうこともあるそうです。この日もとてもきれいな
イラストを描いてくれました。


☆佐藤 美里 (さとう みさと)さん (小学校5年生)
バレーも習っていてフィギュアスケートもやっているそうです。終始きらきらした目
で対談に参加してくれました。


☆渋川 千里(しぶかわ ちさと)さん (小学校6年生)
葵さんのお姉さん。春から中学生。自分の良い所はないと謙遜していましたが妹や
家族思いの言葉をたくさん聞くことができました。


★曽根 美樹(そね みき)さん
フィギュアファンなら現役時代の彼女の事をよく知っている方も多いと思います。
大奥というエキシナンバー(着物の衣装でフィギュアスケートショーで演技)も持って
いました。今回はスケート教室の先生役と対談にも参加してくれました。


★安藤美姫

『 また石巻にスケートレッスンにきますね!』安藤


ーまず最初にスケート教室に参加した感想を聞かせて下さい。


羽矢斗:スケートは今日で3回目ですが、もっと滑れるようになって
                 安藤美姫さんみたいなプロフィギュアスケーターになりたいです
       

     
安藤: ありがとう♪むずかしかった?今、2年生だよね。私は4年生から   
    始めたから今からでも十分なれるよ!

 葵: 何回も転んだんですけど滑れたのでよかったです!

安藤: うん、滑れたよね♪

千里: スケートは今回で5回目ですけどプロの先生に教わって今まで回れ  
    なかったけど出来るようになったり最後にみんなで発表会が出来
    て良かったです。                                 


美里: みんなと滑れて楽しかったし安藤美姫選手に教えてもらってとて     
    もうれしかったです。 

安藤より、”ジャンプも出来るようになるし、また石巻にスケートレッスンしに
頑張ってくるようにしますね”とこどもたちに約束しました。

取材のカメラも入り少し緊張気味の空気も、だんだん雑談をしながら和やかになっていきました。

その2は、こどもたちと安藤・曽根さんから”石巻のオススメどころ”を紹介します。

 




*本サイトの写真転載を固くお断りします。


*******************************************

今回のスケート教室を共催くださった、NPO JENさんより資料を提供頂きました。子供たちの環境は復旧してきていますが、まだまだ不安定なことも多いことがわかります。

【 門脇小学校は、今年4月より石巻小学校に統合 】

明治6年に創立し本年度で142年という旧石巻市内では最も古い歴史を持つ、石巻市立門脇小学校が、東日本大震災の影響により被災し本年度を以て閉校することが決まった。門脇小学校では、石巻市教育委員会と連携して閉校記念碑を建立することを決めました。同校PTAと教職員らで構成する閉校事業実行委員会は、旧門脇小学校周辺を候補地として選定し、除幕式は3月24日を予定しています。児童たちは震災後、門脇中学校校庭に間借りした仮設校舎で勉強をしており、来年度からは石巻市立石巻小学校と統合することが決まっている。


NPO JENさんの情報もぜひお読みください。




拍手[13回]

安藤美姫取材 第4回 NPO法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 副理事長 田中涼子さん その2

 

第2回は、”被災孤児の支援のためのワンコイン(月500円~)サポーターズ”活動の状況をお聞きします。

東日本大震災でお父さん、お母さんを亡くした子どもたちは1,755人(2014.3.1現在、厚労省調べ)【震災孤児遺児応援ワンコイン・サポーターズ20,000人プロジェクト】とは、
震災発生時にお母さんのお腹の中にいた赤ちゃんまでもが高校を卒業する19年後(2030年)まで全ての震災孤児遺児を対象に応援金を贈る活動です。
ワンコイン・サポーターズの登録者数は、4,436人。登録口数7,635口(2014/3/31現在です。)


----子どもたちはどんな状況でしょうか?


 愛知ボランティアセンター 副理事長 田中涼子さん


田中:一人一人置かれている状況はちがいますが、ほぼ共通していることは、親を亡くした話を同級生には話していません。
また、自分のために懸命に働いている親や保護者にはなかなか自分の辛さを語れません。
悲しさや辛さをきちんととらえ癒しの時間をつくることが難しいのです。ボランティアが減り、震災報道が減ってきたことを裏切られたように思う子もいます。また、おばあちゃん、おじいちゃん、もっと遠い親戚に引き取られたケースも少なくなく、親代わりの責任感からとても厳しく育てられる子や、応援金の申請を自分で行っている子などもいます。


安藤:私も父が突然亡くなって、いなくなってしまうという経験があるので、子どもたちの気持ちはわかります。小さい頃は、友達がお父さんといっしょにいる姿を見るととてもさみしく思いました。

田中:毎年1年に2度、3月には愛知に8月には東北に孤児遺児の皆さんを招待し、同世代の愛知の学生と、2泊3日をともに過ごします。今年の夏も第4回を実施します。

「でらえぇ~友だちつぐっぺぇ 笑顔プロジェクト」

----ワンコイン・サポーターズは毎月11日に銀行から自動送金されるんですね。

安藤:11日ということは月命日。

田中:そうなんです。サポーターになって頂いた方のお金が毎月11日に銀行から自動払込み(ゆうちょ銀行)か自動送金(銀行の詳細はHP参照)され、毎年3月に子どもたちへ送ります。月に1回は、被災地の事を思い出して欲しいし、自分の身の安全、防災面も確認して欲しいという願いを込めています。
また、名古屋の栄では、毎月11日午後5時~7時に震災孤児応援「11日募金」を行います。高校生から高齢者の方まで、毎月10人~20人くらいの方々が集まり、募金をよびかけ
サポーター募集のリーフレットを配布しています。


 


サポーター希望の方はこちらです。


安藤:とても良いシステムですね。風化防止の願いも込めて私も協力できることはなんでもやります。募金活動をやる時などは声をかけて下さい!

 

田中:ありがとうございます!

ということで、さっそく取材の最後にメッセージビデオを撮りました。

まず、最初に当初のワンコインサポーターズの記録ビデオをご覧ください。

    

       田中涼子さん、安藤美姫よりメッセージ
・田中涼子さんに、安藤美姫の印象をお聞きしました。

「美姫ちゃんは、率直に思った事を一生懸命、私に伝えてくれる”心ある魅力的な人”だと思いました。」

・管理人より

震災後4年目を迎えて、課題がたくさんあり、どう解決していくのか熱心なディスカッションが3時間以上続き、二人の若い女性から、なんとか困難の中にいる方の役に立ちたいとう気持ちが強く伝わってきました。”まだ3年” 応援を必要とする人がたくさんおられます。
どうか二人の気持ちが多くの皆さんに届きますように。了

                                          



拍手[9回]

プロフィール

HN:
Reborn Garden
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
RebornGardenは、フィギュアスケーター安藤美姫と仲間・サポーターによる東日本被災地そして困難の中におられる方々への支援活動です。共に成長できたらと願っています。
Copyright ©  -- Reborn-Garden --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /