Reborn-Garden

RebornGardenは、フィギュアスケーター安藤美姫と仲間・サポーターによる東日本被災地そして困難の中におられる方々への支援活動です。共に成長できたらと願っています。

   

【 安藤美姫取材:第3回 ウィメンズアイ 石本めぐみさん (その1) 】

石本さんと安藤は、取材のこの日、初めて出会いました。宮城県南三陸で女性支援活動をされている事から、お話は自然に4月に母となりスケーターとして競技に復帰する安藤と「ワーキングマザーとその環境」の話に発展してその内容は、本取材(対談形式)より抜粋して
8月30日東洋経済WEB に掲載して頂きました。こちらもお読み頂ければと思います。

Reborn Gardenでは、被災現地で今も支援活動されている方にお話を聞き、お読み頂いた皆様に現地へ関心を持ち続けて頂く事を目的としています。

主な内容を数回に分けてお届けする予定です。

・石本さんの活動のきっかけ

・コミュニティビジネス・スモールビジネス支援のはじまり~これまで

・活動を継続する原動力

・女性支援~女性視点へ

・取材(対談)後の感想

■特定非営利団体ウィメンズアイ 代表理事石本さんの活動のきっかけ

『最初から何かを作ろうとか、NPOを作ろうと思っていなかった。ただ、その時に必要だと思った活動がだんだん形になっていきました。』
                              石本


ウィメンズアイ 代表理事 石本めぐみさん


安藤美姫

 


----ウィメンズアイさんは、東日本大震災直後から三陸沿岸部で「RQ被災地女性支援センター」として活動を始められ、とても充実した活動をされている皆さん。
きちんと丁寧な現地調査をし、女性視点で何をされるべきか当初から計画を持ってやってこられたという印象があります。


石本:ありがとうございます。そんな立派なことではないんですけどね。震災があった時に私

は東京にいたんです。普通にOLをしていて、金融の会社で働いていました。当時は自分も仕

事をしているし、社内で寄付集めをしたり・・。自分たちで出来る範囲でしていました。ソー

シャルワークに興味も深く、もともとその年に仕事を辞めて、途上国支援をしようと思ってい

ました。そこに震災が日本で起きて、会社が私の意思を受け止めてくれて4月末には退職できま

した。そして5月から「RQ市民災害救援センター」という団体で震災ボランティアをして、そ

こに集まってきた人たちと出会って、今の女性支援の団体というのがだんだん出来て来たんで

すね。最初から何かを作ろうとか、NPOを作ろうと思っていなかった。ただ、その時に必要

だと思った活動がだんだん形になっていったっていう感じですね。勉強しながら、何もわから

なかったから、リサーチをしたというのも私たちが知らないから。知らないのに支援、支援っ

て言っても絶対だめだし。向こうにいるとたとえば、物資を送ることはすごく重要な事なんで

すけど、ちゃんと考えて、準備をしてやらないと逆に迷惑になることがあるんですよ。

私たちはそういったことを現場で自分の目で見てきました。

東京とか離れた場所にいるとわからないことを私たちが発信していかなければと思って。

それが形になってきたという感じです。


(次回に続きます)

特定非営利団体ウィメンズアイ

ウィメンズアイさんの企画で進めているプロジェクト

『縁側アート in 南三陸スサイタカコ企画を実現しよう』

のワークショップ費用をご支援ください。







拍手[7回]

プロフィール

HN:
Reborn Garden
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
RebornGardenは、フィギュアスケーター安藤美姫と仲間・サポーターによる東日本被災地そして困難の中におられる方々への支援活動です。共に成長できたらと願っています。
Copyright ©  -- Reborn-Garden --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /