Reborn-Garden

RebornGardenは、フィギュアスケーター安藤美姫と仲間・サポーターによる東日本被災地そして困難の中におられる方々への支援活動です。共に成長できたらと願っています。

   

安藤美姫取材:JEN伊藤さん (その8)現地とボランティアの交流 復興支援のフェーズ

「ボランティアとの交流で現地の皆さんの価値観が大きく変わりました。」伊藤

2012年11月石巻市狐崎で。スマイルツリー制作を子どもたちと


~今のボランティアはどんな役割があるのでしょうか?~

伊藤「例えば、安藤さんと武田奈也さんが子どもたちとの交流イベントを開催してくれた牡鹿半島の狐崎(きつねざき)は小さな集落で、もともと過疎化していたし、このままだと、何年後かには学校もなくなってしまうんですね。」

安藤「はい、行った時に子どもたちから学校の話は聞きました。あの会場はとてもまとまりが良かったのを覚えています。私たちも温かく受け入れて下さって。」

伊藤「実はそれは村の変化なんです。もともと村は閉鎖的だったのですが、震災がきっかけで外からたくさんの人が来るようになって。最初はなんだ、この事態はっていう感じだったけど、『受け入れてみたらいいものだ』と。」

安藤「へぇ~。」

伊藤「象徴的だったのが、村でワークショップをやったときに・漁業が発展する、人がたくさん来る。・漁業が儲かって人がこなくなる。とかいろんな選択肢が出てきた中で、『漁業は今、生活が営める程度でいいから、人の受け入れをこのまま続けたい』という話になりました。自分たちがその価値に気付けたというのが大きな成果です。震災をきっかけに、人との交流があった方が張り合いが出るし、気持ちがいいという事が分かった。今、浜に来てくれる人は殆どがボランティアさんなんですけど、『外から人が来なくなるのが嫌だ』という話になりました。」

~「だからボランティア交流なんですね。」

伊藤「はい、だからたとえばわかめの養殖のお家を手伝いに行って、ある程度の出荷作業を『〇〇キロやった』というのも成果なんですが、ボランティアさんに来てもらって人と人との関わりあいが生まれるのも、緊急期から2年経ったいま、とても価値のあることなんです。

拍手[6回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
Reborn Garden
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
RebornGardenは、フィギュアスケーター安藤美姫と仲間・サポーターによる東日本被災地そして困難の中におられる方々への支援活動です。共に成長できたらと願っています。
Copyright ©  -- Reborn-Garden --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /