Reborn-Garden

RebornGardenは、フィギュアスケーター安藤美姫と仲間・サポーターによる東日本被災地そして困難の中におられる方々への支援活動です。共に成長できたらと願っています。

   

安藤美姫取材:JEN 伊藤さん (その7) ボランティアってむずかしい?

「日本ではボランティアってむずかしいイメージがありませんか?」安藤

「大丈夫です。しっかりオリエンテーションしますから。」伊藤



安藤「東北のこと、ずっと忘れてはいけない話じゃないですか?ボランティアで初めて訪問する時、お話を聞きたい人って絶対いると思うんですよ。でもまだお話ししたくない方もいらっしゃるだろうし。ボランティア初心者にはむずかしい感じがします。」

伊藤「現地に来て、被災した方に話を聞いていいのか?と思ってしまうということですか?」

安藤「はい。」

伊藤「誰彼かまわず聞いて良いということはありませんが、語り部(かたりべ)というボランティアもいるぐらいですし、それは皆さんに『伝えたい』」ということなんです。あまり考え過ぎない方がいいですよ。」

安藤「そういえば、私の応援してくれている人も、ボランティアって難しいイメージがあったみたいなんですが、この間、その方からお手紙頂いて、『募金もしたことが無かったのに、JENさんの活動を見て行きました』っていう方もいました。」

伊藤「それはすごいですね。安藤さん微力じゃないじゃないですか!」
  (安藤が「自分は微力」をさかんに口にするので)

安藤「はい、まずは、知って頂いて、それがきっかけで、他の支援にもいかれるでしょうし。その方の知り合いとか友達に広まっていくことが大事かなぁと。」

伊藤「それが大事ですね。入り口はなんでもいいんです。そして気が付いたことに関わってくださればいいなぁと思います。」

安藤「日本て、ボランティア活動って一般的ではないイメージがあります。アメリカだとボランティア活動がたくさんあり、することが普通。日本では助け合いとかが日常化していない感じがあるのでしょうか?」

伊藤「日本ではあまり一般的ではないかもしれませんね。でもやっている人が得るものは大きい。それは、日本もアメリカも同じだと思います。興味があったらぜひやってみて欲しいです。

安藤「そう、興味を持ってやっていいと思うんですよ。JENさんとか経由して、興味があれば行って欲しいです。行く前に考えてしまう人が多いのかもしれないけど、行ってみたら自分が得るものが大きいので、また行きたくなる。私も力をもらいに行っている部分があります。

伊藤「大きなダメージを受けて大変だからこそ、逆にどう復興しようかっていうエネルギーを持っている人がいて、被災地で何かをしようと思って他県から集まって来る人もたくさんいて。今、東北はそういうエネルギーのある場所でもあります。ぜひ来て頂きたいと思います。

JENボランティア募集

拍手[7回]

安藤美姫取材:JEN伊藤さん (その6)伊藤さんの1日

「僕の担当は、子ども支援と石巻をよりよく知ってもらうための
 広報です。」伊藤



RG編集人「復興の様子をわかりやすくするため、伊藤さんの1日を教えてください。」

伊藤「では、木曜日の1日を。

1、朝9時に中学校の先生と打ち合わせをしに行きました。6月に他県から来る中学生と一緒に例の花壇づくりをするという企画を組んでいて、その打ち合わせです。もちろん中学生も授業があるので1日ずっとできるわけではないんですが、90分の中で250人の生徒たちがどうやって関わりあいながら花壇を作りあげていくのかを話し合いました。

2、その後、牡鹿半島にある佐須浜っていう浜があって、40世帯あった内7世帯しか残っていなくて、JENが震災直後からずっと復興支援をしている浜があるんですが、そこに行きました。経緯から言うと
そこの住民の方が、復興に向かって新しい集落を作っていくために、住民が集まれるコミュニティ施設が欲しいという話があり、最初は仮設ですけど住民が使える集会所を作ったんですよ。その後、そこをどうやって活動してどうやって維持していくのかを村の人に集まってもらって話し合ってもらえるようなサポートをJENはしてきたんですが、その中から生まれたアイデアで、牡蠣小屋を3月までやりました。4月からは、もともと食堂をやっていたお母さん二人がそこで食堂を再開して、今、「「はまゆう(浜友)」」という食堂兼地域の集会所のような場所になっています。そこが季節ごとのメニューを出すというので、そこに顔を出して、今後どうやってサポートできるか、ヒアリングしたり写真を撮ったりしました。

3、午後3時ごろ、事務所に戻って、写真を整理したり、そういう情報を外に出す原稿を作ったりとかミーティングをやって、午後6時くらいに終了です。

JENは、地元のスタッフが多いということもあり、一所懸命になりすぎて残業が多い時期があったのですが気をつけています。自分たちがしっかりしていないと活動が続かないからです。」


拍手[3回]

安藤美姫取材:JEN伊藤さん(その5)伊藤さんの仕事のきっかけ。復興支援、人それぞれの役割


「緊急支援から自立支援まで長い目で見た活動をしたかった」
 伊藤



安藤「伊藤さんは何でJENさんで働いているんですか?」

伊藤「震災の時は仙台の大学生だったんですが、休学して関西で村起こしの農村ボランティアに
行っていました。1年の予定が2年行っていて。
地方の活性化にもともと興味がありました。
3月だったので、仙台の大学に復学するタイミングだったんですが、震災が起きて。ちょうど体が空いていたので、自分に何かできることがあるのだろうかと思いながらも、ネットで調べたら、行ったら何かボランティアの仕事があるということがわかって。
まずは、2週間くらいのつもりで行って、最初は石巻に集まってくる物資を市内の必要な場所に運ぶ仕事をしていました。
それがひと段落して4月になって、どうしようかと考えていたところ、たまたまJENに会ったんです。
復興まで何年かかるんだろうと思っていたところだったので、世界各地で
緊急支援~自立支援まで長い目で見た活動
をしているJENで仕事をさせてもらうことにしました。たまたまだったんですけど。」

安藤「運命だったんですね。なんかすごいですね。
私がリンクにも乗れない時期にすごい活動をしていたんですね。」

伊藤「安藤さんはその時は試合をしなくてはならなくて、動けなかった。
僕は何もすることがなかったので」

安藤「震災直後、普通の生活をしていいのかという風に悩んでしまって。でも試合だし・・・。」

伊藤「いや、でも、それは本当に人それぞれで、その時置かれていた状況によって、様々な役割がありますよね。
安藤さんみたいに、人と人を繋げたり、自分のできることで資金を集めて、JENと一緒に支援を届けたり。」

安藤「伊藤さん。立派ですね、お若いのに。」

伊藤「安藤さんと同い年です!」笑

安藤「えーっ?!二つ年下だと勝手に思っていました。」笑


伊藤さんが力を入れている花プロジェクト


拍手[7回]

安藤美姫プロデュース ”SORA" Tシャツ 通信販売 

”SORA" Tシャツをお買い上げ頂いた皆様。お申込みと共にリボーンガーデン活動に励ましや共感のメッセージをたくさん頂戴しありがとうございました。また、本ブログや、フェイスブックにアクセスを頂いた方にも感謝申し上げます。今回のTシャツ通信販売は予定どおり終了させて頂きます。今後も復興支援活動を微力ながら継続して参りますので、ぜひご支援をお願いします。


アートオンアイス会場で好評だった
安藤美姫プロデュース ”SORA" Tシャツを通信販売します。
お申込み受付期間:2013年6月12日~6月16日17:00まで(Eメールのみ)

価格:5,000円(通信販売価格)送料:500円(一枚につき)


収益の一部をNGO団体JENさんと共に
さまざまな活動費として有効に使わせて頂きます。

リボーンガーデンの強力な仲間、武田奈也さんにも
モデルになってもらいました。

”Oのデザイン”
フィギュアスケートはヨーロッパの貴婦人が氷の上で遊んだことが
始まりですが、その洋服を安藤美姫が
着たイメージをデザインしました。




☆販売スケジュール 今回の通信販売は終了しました。
6月12日~16日17:00まで(お申込み受付)

お申込み受付け後、返信メールでお振込み先をお知らせします。

6月24日入金締め切り(入金手数料はご負担下さい)

24日のご入金確認後、一週間以内に商品を発送させて頂きます。

お申込みのメールには
①郵便番号
②ご住所
③お名前
④お電話番号
⑤ご希望のTシャツのイニシャル(2種類以上の方はもれなく)
⑥ご希望のTシャツの色(2種類以上の方はそれぞれの色)
⑦ご希望のTシャツの枚数(2種類以上の方はそれぞれの枚数)
⑧Tシャツの金額(EX 2枚の場合 5,000×2=10,000円)
⑨送料の金額(EX  2枚の場合 500×2=1,000円)
⑩合計金額(EX 2枚の場合 11,000円)
を記載して送信してください。



☆商品について

素材は、綿57%、モダール38%、ポリウレタン5%で伸縮性があり肌触りが良いです。
全てのデザインに金色の文字の刺繍が入っています。(Smile Only Rainbow And)
全てのデザインにプリントで安藤美姫のサインが入っています。
サイズは全てフリーサイズで丈は、お腹とヒップが隠れるぐらいです。

白(S.O.A)は、U首で半袖です。


黒は(O)はボートネックでフレンチ袖です。


S=SMILE(白)


O=ONLY(白)

 
O=ONLY(黒)


お問い合わせは、お申込み先メールアドレスで受け付けさせて頂きます。

現時点で他アイスショー会場での販売、他期間での販売は未定です。










拍手[38回]

安藤美姫取材:SORA代表 二階堂さん(その1)ボランティア大募集



SORA代表 二階堂さんと(2013年6月)

安藤美姫第2回取材は、福島市で被災ペットシェルターを運営する SORAの代表、二階堂梨枝さんです。(取材内容は6月20日ころから連載予定)
「SORA ボランティア大募集!夕方4時半からの犬の散歩のみでも大歓迎します!」
ボランティアが足りない状態が続いています。
犬や猫がお好きな方ならだれでもできる仕事です。福島を知るきっかけにもして欲しい。
気軽にボランティアに参加してください!

ボランティアさん制作のSORAのワンコMAP、初めての人でも大丈夫!


SORA FACE BOOK


SORA ボランティアカレンダー

SORAへのアクセス(東京・新宿から高速バス+JRの場合)

往復 新宿~福島 7,680~8,600円+福島~庭坂 380円
宿泊はSORAの宿舎があります(無料)
庭坂駅まで車で送迎があります。
食事については、自己負担です。(スーパーなどへ常駐スタッフと買い出しに行くのが普通です)

仕事は、
清掃・水やり・餌やり・遊ぶ・グルーミング
花壇づくり・草むしり・DIY(工作や大工さんのような仕事)

夕方の犬の散歩(この作業だけでも来ていただくと大変助かります。夕方4時半から開始していますので散歩だけでもお手伝いください。28頭いますので、常駐とボランティア4名ですと、一人7頭。10名なら2~3頭の散歩になります)

まずは、お電話ください。024-529-6267
(12:00-16:00がつながりやすいです)



最近、とても笑顔が出るようになったももちゃん
(こういう時とてもボランティアしてよかったなあと思います。)

拍手[13回]

プロフィール

HN:
Reborn Garden
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
RebornGardenは、フィギュアスケーター安藤美姫と仲間・サポーターによる東日本被災地そして困難の中におられる方々への支援活動です。共に成長できたらと願っています。
Copyright ©  -- Reborn-Garden --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /